FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農学校2日目

2015.05.07.18:26

【農学校2日目】

4月11(土)、私はあいにく午前中に産婦人科へ行っていたため、AM11:00頃からの参加となりました。すでに他の皆さんは、ビニールハウスへ移動してトマトやピーマンの播種(種を蒔くこと)を行っていました。

3班に分かれてそれぞれ分担して作業を行いました。私は3班でトマトとピーマンの播種などを行いました。野菜の種類によってセルトレイやポット苗で育苗するものがあり、トマトの種はセルトレイで育苗するのだそうです。セルトレイを使う利点はいろいろあるそうですが、あとから調べてみると、育苗日数を短くしたり、スペースが小さくて済むからなどの理由があるそうです。

トマトの種をセルトレイに播種した後は、水のはったトレイに浮かせて下から水を吸わせて、上からもじょうろで水をあげます。十分土に水がしみ込んだら、セルトレイの上から新聞紙をかぶせて、さらにその新聞紙の上からも水をかけます。こうやって蒸発を防いでいるのだそうです。

201505071841045f2.jpg

すでにセルトレイで育苗していて芽が出たものは、今度はポット苗に鉢上げします。まず、ポットの中に土を入れてトントンすると、土が下に下がるので、トントンしながら上から1センチくらいまで土を入れます。※ここでのポイントは、ポット全て均一に、しっかりと土を入れるのが重要だそうです。土の量がまばらだと生育もばらばらになってしまうからだそうです。
ポットに土が入ったら、中心に先のとがった木の棒をさして、セルトレイの苗が入るくらいの穴をあけます。

20150507183536523.jpg

それから竹串を2本使って、セルトレイの苗の端のほうから2カ所に竹串をさして、すっと土を持ち上げます。(結構コツがいります。)最初は何度か土を崩してしまいましたが、やっていくうちに慣れてきます。

20150507183904f5d.jpg

ポットに苗を移し替えたら、また水の張ったトレイに浮かせて、水を下から吸わせてから、上からじょうろでたっぷり水をやります。そのあとはまたビニールハウスのなかでたくさん光を浴びながら、グングン成長するのを待ちます。

ちなみに今回使った土は「ポット用育苗培土 菜花培土」という土です。

20150507184105d90.jpg


ホームセンターなどどこでも売っている土だそうです。自宅にビニールハウスがなくても、家の中でも育苗できるので、ベランダなどの空いたスペースで育てることも可能です。私も自宅の2階スペースを使って育苗に挑戦しようと思います。

来週どれだけ成長しているか楽しみです!






関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。